「モロフリー」は危険?無料エロ動画サイトの特徴や安全性を調査

アダルト動画サイト

この数年で日本以外の国では違法サイトへの法整備がどんどん進んでおり、厳しい処罰を受けるサイト運営や利用者も出る中、未だに運営しているサイトも多くあります。

以前であれば、Pornhubなどの大規模サイトが決済会社から制裁を受けたり、1,000万本以上の動画が削除されるなど、誰も予想しなかったことが起きています。

法整備が行われることで違法サイトへのアクセスは減ってきて、アクセスが減ることで運営側の収益が減るので危険な広告を貼ることが増えたりするので危険性が増したりします。

この記事ではそういった危険性などを踏まえつつ、日本のエロ動画を配信している人気サイト「モロフリー」について解説していきます。

既に利用している方、これから利用しようと思っている方は改めて危険性などについて確認してください。

「モロフリー」ってどんなサイト?

無料エロ動画サイトと言えば、世界的にも有名なものが「XVIDEOS」や「Pornhub」などが最も有名です。また、日本向けのサイト「Avgle」「エロタレスト」なども利用者が多くよく見られています。

そういったサイトの中でトップクラスの人気はないものの、知っている人は知っているサイトの1つに「モロフリー」があります。

しかも、おいてある動画の中でも無修正のAVがほとんどということで、無修正好きの方は気になると思うのでサイトに関しての細かいところも説明していきます。

まとめサイト?違法エロ動画サイト?

モロフリーは2015年から運営されているサイトで、開設以降はほぼ毎日更新されており、約25,000本のエロ動画が紹介されています。

また、これらの動画はモロフリーのサイト上にアップロードされているわけではなく、外部サイトのリンクを埋め込んである形になっています。

モロフリーの紹介文には自ら「無修正エロ動画まとめサイト」と記載されており、すべて無料で見れるということも書いてありますが、全ての動画がモロフリーにあるわけではありません。

簡単に言うとまとめサイト(リーチサイト)と理解しておくのが良いでしょうが、2020年にはリーチサイト規制により違法動画を配信しているサイトへの誘導やリンクは違法となっています。

そのため、これだめ限りなくグレーだったサイトでも、現在は違法サイトとなっていることを必ず認識しておいてください。

モロフリーのサイト情報

モロフリーのサイト情報をまとめると以下の通りです。

アクセスの多いサイトと比べると動画本数も少ないですが、そういったサイトと比べるとモロフリー内に貼ってある広告の数は多くありません。とはいえ、違法性の高いサイトなので危険な広告が潜んでいる可能性は充分にあります。

また、2017年の最盛期には100万以上のアクセスがあったにも関わらず、2017年後半からアクセスは減り続けており、2020年以降は月間40,000アクセスほどしかありません。

サイト名モロフリー
動画数約25,000本
サイト開設2015年
月間PV数40,000程度
広告出現率比較的少ない
サイトURLmorofree.com

「モロフリー」サイトの特徴

エロ動画サイトを選択する1つの理由として、サイトの特徴というのがあります。ジャンルやシチュエ―ションなどどういったAVが見れるのか、どういったAVが見れるのか知っておくと自分好みのAVも探しやすいと思います。

無修正AVが多数

モロフリーに掲載されているエロ動画のほとんどは、外部のエロ動画サイトにアップロードされている無修正AVです。

しかも、日本人のAV女優が出演している作品だったり、流出モノだったりするので利用者が多いのも頷けます。とはいえ、それらすべての動画は違法にアップロードされたものなので、削除されるまでも早い印象です。

また、以前まではアップロードすると犯罪とされていましたが、現在は違法にアップロードされたものをダウンロードすること、それらの動画へのリンクなども犯罪となっているので、法整備が進んでいることも知っておく必要があります。

動画のリンク切れ多数

モロフリーに載っている動画は全て外部サイトのものなので、配信元の動画が既に削除されており、再生できないということも多々あります。

確認したところ、リンク切れが確認できたものはモロフリーでも削除されているようですが、違法サイトの場合は毎日の更新が多く追いつきません。

そういったこともあり、明日見ようと思っていても次の日には既に削除されている可能性もあるので、その点ではデメリットと言えます。

三次元(アニメ)のエロ動画はナシ

近年、アニメ系のエロ動画の需要も大きく、多くのエロ動画サイトで三次元のエロ動画を配信していますが、モロフリーは三次元のエロ動画はありません。

その点ではモロフリーの特徴とも言えますが、時代的なことを考えるとデメリットと言えるでしょう。そのため、三次元好きの方にとっては魅力的なサイトではないかもしれません。

モロフリーの危険性は?

ここからはモロフリーというサイトの危険性について紹介していきますが、エロ動画サイトに関してあまり詳しくないという人にまず理解して欲しいのが”無料”でAVを見れるサイトというのは、基本的にあり得ないということです。

違法動画を扱っているだけでも危険なのにも関わらず、それをただの親切でわざわざサイトを作るわけがありません(笑)何かしらの形でサイト運営者は収入を得ようとします。

どういった広告を貼るのかといった所で危険度が変わってくるのですが、そもそも違法なことをしているサイトがまともな広告を貼れるわけがありません。そういった事を理解していないと痛い目に合う可能性もあるので、しっかりと把握しておく必要があります。

別タブで出てくる広告に注意

エロ動画サイトを利用する際に最も気になるのが出てくる広告の数やその種類。正規のルートで販売されているAVであれば広告が出ることもないのですが、広告収入を得たいサイト側としては広告を貼るのが当然です。

モロフリーは他のサイトと同じくページ内に2つほどの広告が貼ってあり、アダルト広告ではあるもののどちらも危険性が高いものではありませんでした。

しかし、動画ページや他ページに移動する際には必ず別タブで広告が出てくるので、この広告が詐欺広告やウイルスにならないとも限らないので注意は必要です。

動画は全て外部サイトのもの

モロフリーにある動画は全て外部サイトのもので、主に以下のサイトにアップロードされている動画が埋め込んであります。

  • ero-video.net
  • Xvideos
  • JavyNow
  • pornhub
  • xhamster
  • VJAV
  • SpanBang
  • REDTUBE

見ての通り、全てのサイトが違法に動画をアップロードされているサイトです。

また、2020年からリーチサイト規制が始まり、こういったサイトへリンクを貼り紹介することが違法となっています。元々限りなくブラックに近いグレーゾーンだったものが、現在では完全に違法となったので、利用する側もそれは覚えておきましょう。

モロフリーの安全性について

モロフリーの安全性について説明していきますが、上でもお伝えした通り確認した時点では危険な広告は見当たりませんでした。

しかし、広告の掲載や種類は運営者次第でいつでも変更することができるので、安全かと言うと決してそうではない事は知っておかなければなりません。

モロフリーの場合は運営者が明らかに日本人なので、海外サイトのような危険性はないかもしれませんが、それでも安全とは言えませんし注意しておくに越したことはないです。

別タブで広告が出現

モロフリー内にも動画の詳細ページへ行く際に別タブ(ウインドウ)で広告が出てくることがあり、一瞬ヒヤッとさせられたのですが、その際に出てきたのは出会い系の広告でした。

出会い系は基本的に詐欺なので、そういった広告を掲載すること自体がどうかと思うので、貼ってある広告を見てサイトの良し悪しを判断するというのも大切です。

また、埋め込んである動画の配信元には必ず広告が仕込んであり、再生しようとして別ウィンドウで広告が開いた場合は充分に注意してください。

海外サイトの場合は詐欺広告やウイルス感染の可能性もあり、注意しておかないとパソコンやスマホが使えないという事態になってしまう場合もあります。

危険性に関しては今のところそれくらいで、大きな問題はないと思いますが、念のため別タブの広告には注意してください。

モロフリー・まとめ

無料エロ動画サイト「モロフリー」について紹介しましたが、他サイトと比べて動画数が多いわけではなく、大きな特徴もないので微妙です。

敢えて特徴を言うとすれば、無修正AVがほとんどという点でしょうが、違法でアップロードされているAVは総じて画質が悪いため、見応えがありませんしアクセス数の推移を見てみると現在は終わったサイトと言われても仕方ないレベルです。

もし、日本のAV女優が出演している無修正AVを見たいのであれば、合法で尚且つ高画質な以下の記事がおすすめですので、興味がある方は検討してみてください。

この記事の筆者情報

管理人
管理人
アダルト業界歴は20年以上。AVがVHSだった時代から関わってきたので、他では知れない情報をお伝えできるはず。新旧問わず、アソコに刺激の強いエロサービスをお楽しみあれ。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP